山法師

よそんちの花シリーズ「ヤマボウシ」。 これでもかというほどびっしりと咲き誇るヤマボウシの花びらに見える部分は、実は「総苞(そうほう)」という葉に近いものだそう(よく似たハナミズキと同じ構造で、紫陽花の花に見える萼(ガク)とは異なる)で、名前…

松葉菊

よそんちの花🌺シリーズ。 マツバギク(松葉菊:違ってたら御免なさい)、何処其処に普通にある花の色と形が、綺麗だって思えるようになった。(高齢化による脳細胞単純化説有) 花言葉は意外な感じ「怠惰」「怠け者」。

ネガティブ

ファーマータナカの今年の薔薇ネガティブ編。 400品種2,600株のバラフェアが今年も終了、一人で見ると、終わりかけは余計汚い。素人が小手先の補正をかけても、下位機種ではたいして代わり映えしない。黒赤色の薔薇の花言葉は、「死ぬまで憎みます」「憎悪」…

ナガミヒナゲシ

ファーマータナカの今日の雑草「ナガミヒナゲシ」。 皆さんも見かけたことがあるだろう、優しいルビーオレンジの楚々とした姿が何ともけな気で癒される。 ところが路傍空き地地はもちろん、アスファルトの隙間から生え出ていたりして、ここ数年「危険外来生…

躑躅と初恋

桜去れば躑躅追う。 「慎み」が花言葉というが、あの仰々しい咲きっぷりとこの漢字を見ても、決めた奴出てこいと異議を唱えたい。 ただ、白のつつじは「初恋」、一輪だけ見るとまるで自分の心を映しているようで、そこは許す。 ついでに「初恋」、カバーでど…

清明

葉っぱウォッチング。 春の陽射しに、人口葉かと見紛うほどの輝き、それぞれの植物のその光沢構造等、一つ一つに深淵な意味がある、感動。

葉桜

ファーマータナカの無料本棚。 人間なんて冷たいものだ。あの宴の狂乱は何処へ行ったのか。決して似つかわしくないあのブルーシートの青も、跡形もない。閑散とした公園の片隅に吹き溜まった花びらは、幾らか赤茶けていたりして。見上げれば葉桜、その葉桜は…

イチリンソウ

自分に春が来たわけでもないのに、春を告げる可憐な野花の行進に、はしゃぎ過ぎの単純な親父達。 イチリンソウとニリンソウは葉柄の有無で見分けられる」と、さっき本で仕入れたばかりの情報を、通りすがりの♀登山者に講釈を垂れている T 氏がいた。 イチリ…

御花

桜三月最後の日、ベトナム旅行先でお世話になったS氏の知人のご両親が来日されていたので、お礼かたがた柳川にお連れのお供をする。 足元にもオツな処があるものだ。 幾ばくかのご恩返しができたのなら良いが…。 桜三月水郷柳川川下り

さくらとお父さん

花有り、月無し、相手無し。 寂しき時の、お父さん頼み。

神泡

ファーマータナカの日本ビールの泡「神泡」編。 ビールなんて、グビーっと飲みさえすればよい、といったものではない。泡の消えた生ビールも、ホントはいただけない。 サントリーの回し者ではないが、「神泡」その比は3:7、口当たりよく、味・香り・炭酸ガス…

ただひたすらに

この七日ほど、人は皆ただひたすらに、花が満と開く🌸のを待ちわびている。 まるで、散るが定めのその道理を、忘れでもしたかのように。 百年公園、二分咲。🌸🌸

庭はポカポカ

ファーマータナカの My Favorite Old Spring Songs。 春になると想い出す(以前歌詞のみアップしたことがある)「庭はポカポカ」。 小坂忠(こさかちゅう、1948年7月8日生 )は、日本のシンガーソングライター、作曲家、ゴスペルシンガー、牧師。細野晴臣、…

菜虫化蝶

ファーマータナカの歳時記的心「菜虫化蝶/なむしちょうとなる」。 このところズボラして歩いてなかった。 菜虫は大根や蕪、油菜などにつく主にモンシロチョウなどの幼虫、足元には春のアイコンが溢れていた。

Sweet Request

自己調達した板チョコの裏を何気なく眺めると、❤❤「おくって、甘えて My Sweet Request 」❤❤のメッセージ。 100円でもこんなんもらえたら、春だろうなと暫し夢想できる、安上がりな性格。SCには、今年も所狭しとバレンタイン・チョコが並んでいる。 きっと春…

寒中お見舞い

巷では、寒気が入り、インフルが猛威を振るっている。 しかし、やがて春が立つ。ここは、グッと力を貯める。 人によって翔び方は様々だろうけど、春になったら是非翔ぼうよ。 寒中お見舞い申し上げます。

小宇宙

土手の片隅の雑草に舞い降りた、霜の結晶にさえ足を止め、小宇宙の神秘に抱かれる。 此方は、何と穢れ無き、透明な心を持っている事よ。

梅開花情報

ローカル梅開花情報~梅林寺より。 「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほいける」(紀貫之) 万葉集でも一番多く読まれた花「梅」、人心は移ろいやすいが、匂い咲く梅の花は確かに変わらない。

春の七草

ファーマータナカの久々新農業講座、お題は「春の七草」。 この歳になると、刺激的な出会いはもとより、グルメ予定行事等リア充は皆目無く、昔日を懐かしむか、今日は何の日って思う位しか話題がない。 で、1月7日は五節句の一つ人日(じんじつ)、七草の節…

初笑い

ファーマータナカの今年の初笑い。 今年も笑って誤魔化す。 (「bokete」より)

飛梅

ここ数年は静かな(本当は侘しい)お正月を迎えている。かってカミさんの実家があった大宰府、その天満宮は毎年200万人の参拝客で溢れかえる。そこから「飛梅」の開花情報が飛び込んできた。 【 12月31日(月)御神木「飛梅」開花 】 太宰府はもう春、いずれ…

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 近所迷惑重々承知してはおりますが、今暫らくお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

恋人たちのクリスマス

ファーマータナカの My Favorite Songs 番外編。 ビートルズ風「恋人たちのクリスマス」。 世の中には才能溢れる人がいるもので、音楽だといわゆるマルチプレイヤー(多重録音含む)ってムチャ憧れる。 思いつくところで、ポールマッカートニー・山下達郎・…

クリスマスカード for myself

May your Christmas wishes come true!きっとキリストは、私のために(も)生まれたもうた…。

印象に残る季節

街角イルミネーションやけくそ編。 誰かに話せば 壊れてしまいそうな誰かに話さなきゃ 夢を見ているような(印象に残る季節 / 斉藤和義)遠き日、近き日、 そんなことがあったような人も、なかったような人も、 巷間 Xmas 真っ盛り。 「印象に残る季節」 印…

淡い期待

やっぱり、ここしか無い。(SBお父さんはおまけ)「きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。」(マタイによる福音書6章30節)

Greeeen

街角イルミネーション。零れ落ちそうな Greeeen の光を、空き瓶一杯に詰め込むと、 魔法の杖にまたがり、一気に虚空に舞い上がる、 One Silent Night。

X'masイルミネーション

ファーマータナカの今日のX'masイルミ背後霊付。 持ってけ泥棒!これでも当地最大級、神は愛と幸せに満ちた永遠の一瞬(とき)をあなたがたにもたらすであろう、一緒に歩いてくれる人さえいれば。 カトリック久留米教会イルミネーション 友人がどうしてもこれ…

閉塞成冬

ファーマータナカの歳時記的心。 師走大雪初候は六十一候「閉塞成冬」(空寒く冬となる)。 寒波予想で、いよいよ見納めだろう。サヨナラだけが人生だ。 篠山城跡にて。

もみ字

高良山に一緒に登った子供達が、もみじの落葉で地球に書いた、「もみじ」と「LOVE」。