読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その他季節

母の日か…。 今年はこの程度でお茶を濁しておこう。

春のばらフェア2017

石橋文化センター「春のばらフェア2017」 市民の憩いの場で毎年繰り返されるバラフェアは約400品種2,600株、空に響くヴァイオリンの音、家族やカップルに溢れる笑顔、日本(除自分)は平和で幸せに見える…。

夢の桜

街角ウォッチング。 JR久留米駅が「将来の夢」を募集。 夢の桜も満開の時、せめて何輪かでも、散らずに叶う事を祈る…。

藤棚

街角ウォッチング。 久留米聖母幼稚園、母園の藤棚。

躑躅咲く

ファーマータナカの駄洒落的戯作文。(多少無理有) 旨えだの、さあ喰らえだと、叫んでいたら、日々も暮れん、辻につつじ。 (梅だの、桜だのと、酒飲んでいたら、日々木蓮、つつじにつつじ。) 解釈:梅だ、桜だと花見に興じていたら、日々時は過ぎ、路傍に…

桜尽くし

花時の雨上がり、この際、桜尽くしと行ってみよう! 花人桜人、桜狩りへといざ行かん。桜月まさに花盛り、桜雲見上ぐれば花霞。花の風に花吹雪、桜流れて花筏(いかだ)。花の筵(むしろ)の夢見草、花に疲れて桜影。

陽光桜

街角ウォッチング。 出そうで出ない福岡県の開花宣言、一方寒緋桜等の花便りは届いている。 一本立ちの陽光桜(里桜の天城吉野と寒緋桜との交配)のピンク鮮やか、基本的には積算温度によるのだろうが、退化した人間と違って、動植物の感知能力には恐れ入る。

空が青い

街角ウォッチング。 空が青い。 あなたの心は何色?

冬は早朝(つとめて)

「桃尻語訳・枕草子」より。 橋本治氏によれば、清少納言はミーハーだったと、こんなんでこの寒さ少し和らがないか。 「冬は早朝よ。雪が降ったのなんか、たまんないわ!霜がすんごく白いのも。あと、そうじゃなくっても、すっごく寒いんで火なんか急いでお…

紅梅そして飛梅

春の胎動に、しばし耳を澄ます。 「紅梅」は春の季語、白梅より少し遅れて暖かさが感じられる頃に開くとされ、一方「白梅」は「梅」一般という季語に吸収され「紅梅」が独立したという。従って「白梅」という季語はないとの記述も見られるが、早春の季語とも…

氷面鏡(ひもかがみ)

街角ウォッチング。 昨日「プレバト」で、氷面鏡(ひもかがみ)というのをやっていた。 寒さもうひと我慢か…。

寒中

寒中お見舞い申し上げます。 暇と齢のせいか、時候時節が気にかかる。寒中とは小寒の始め(1/5~)から大寒の終わり(2/3)までの30日間、小寒の方がむしろ寒さがより意識されるとも。 二十四節気というものがあって、一年を24等分して季節の名前を付けたも…

三社参り

無駄な抵抗、億千万社参り第二弾。 下手な鉄砲は数打っても当たらない…。

門松

街角ウォッチング。 最後に門松を飾ったのはもう20年位前の旧上津江村にいた頃だった。 街中を物色してみたが、不景気かそれとももう前世紀の異物か、民家はおろか企業にもほとんどなかった。画像は「翠香園ホテル」と「久留米岩田屋」。 昨日もテレビで、日…