絵馬

絵馬ウォッチング。

古代、神様は神馬(しんめ)という馬に乗って人間界にやって来た。

やがて神事の際に馬を献上する風習が始まり、それが個人的な動機による神仏への願掛けとして、絵馬の奉納と形を変え現在に至っている。

改めてこのうさぎの絵馬を見てみよう(何でも鑑定団風)。

遠目にただ可愛いだけで通り過ぎてしまいそうだが、是非ピンチアウトしてみてほしい。
通常は願い事が神様に見えるように飾るのが本来の作法らしいが、ここには願掛けした人の数だけのそれぞれ違った表情があった。

私にはそれらのうさぎの視線の先には、少なくとも未来があるように思えた。

七難即滅 七福即生。
一攫千金 大盤振舞。



一年の計

「一日の計は晨(あした)にあり、一年の計は春にあり」と言う。
年老いても決意新たにしようとするあたりは、我ながら根が真面目なのだろう。
まず前提として、人間の本質を見極めるところから始めるのが筋であろう。
するとなかなか計が立てづらい現実が浮かび上がってくる。

たぶん悟りの境地も近い。



南天

ファーマータナカのよそんちの実シリーズ「南天」。

おもひつめては南天の実 種田山頭火

酒席でいつまでもダラダラと飲んで席を立たないのを模して「ナンテン組」と言う。
移住していたド田舎での寄り合いで、誰とは言わぬが、カアチャンに毎度呼びに来られてこっぴどく怒られている輩がいた。
(何故それが解るかの推理はおまかせする😵)

今年も多くの難点を抱えたまま年の瀬となった。
一体何点の一年だったろう。
とはいえ来年そう易々と、難転じて福となすとはいかないであろう。





イブの朝、心の扉を開いてみよう。

4 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、
5 不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
6 不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
7 そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
8 愛はいつまでも絶えることがない。
(コリント人への第一の手紙 13:4-8)

好きな榮倉奈々をちょこっとだけ💖
山下達郎「クリスマス・イブ」


www.youtube.com

そこにあるから

2022年締め括りの山歩会は、よりによって雪。

余程日頃の行いがいいとみえる。
宗像四塚最北端に位置する湯川山を目指す(そうな)。

Because it's there ってか。
知らんわい😠

はっきり言って、ツラい。
(画像:Unsplash)