2024-01-01から1年間の記事一覧

ハナニラ

よそんちの花シリーズ。春の朝、我が屋近き所に有りし家、空屋となりければ、雨戸も閉じたままなり。常に清らに手入れせられし庭、いつの間にか雑草生ひ、塵散らかりけり。さりとて残されし花韮(はなにら)と蔓日日草(つるにちにちそう)、何事もなかりけ…

里桜

久留米再発見シリーズ。 久留米市街地には、ソメイヨシノが終わっても、1~2週間後に咲く池町川沿いの里桜並木(約1km)がある。 花は八重咲きでよく言えば丸てくふんわり愛らしく、一緒に歩く恋人がいれば素敵なアーチとなる。(一人で歩けばぼてっとして色…

復活

桜満開、春爛漫である。 日本では馴染みが少ないが、欧米では春の訪れと共に楽しむ「イースター(復活祭)」の時期である。それ故に、己も復活を試みてみる。 イエス・キリストと同じようにもし復活するとなれば、やはり若さと髪の毛であろう。普段はおぞま…

冷たい雨

ファーマータナカの My Favarite Songs「冷たい雨」。 雨は桜の都合なんて気にしていないましてや宴を待ちわびた人達の都合も 涙こぼれるように時もこぼれてゆく 雨は嫌いだけど雨の唄は好き 果たして桜流しの雨なのかそれとも一時の夢はもう一度あるか www.…

桜見

「桜見に行く気力ある?」 3月になって無理くり始めた週一の通所デイサービスも行き渋るし、たまには買物に連れて行こうかと誘っても乗ってこない。このところ目に見えて生きていく気力体力が低下している母。どうせ行かんだろうと声をかけてみると、意外に…

full bloom

今年は余りにも桜が咲くのが遅いようなので、過去の full bloom でお茶を濁しておく。 www.youtube.com

陽光桜

桜ウォッチング。 久留米地区の花見の名所「小頭町公園」には既に花見客相手の多くの屋台が立ち並んでいるが、今年はこのジグザグ天気のせいか桜の開花(満開)が遅いようで、ソメイヨシノ満喫の花見酒はもう少し先のようだ。 仕事場の近くのJAくるめの施設…

BBQ

どこまでも突き抜ける青い空咲き誇る満開の辛夷(こぶし)の花側から見ればただの敬老会の集まりだろうだが本人達の心は俄然少年少女そのままだ今日は楽しいBBQの日 辛夷と言えばこの唄 生きている鳥たちが生きて飛び回る空をあなたに残しておいてやれるだろ…

桜梅桃李

旅立ちの季節である。 子ども達の旅立ち。彼等を支援した学生達の旅立ち。早晩訪れる母の旅立ち。 「桜梅桃李(おうばいとうり)」と言う言葉がある。 桜梅桃李とは、桜、梅、桃、李(すもも)のこと、転じてそれぞれが独自の花を咲かせること。「独自の花」…

カカオ

やめられない、とまらない。 古くはかっぱえびせんや柿の種がそうだが、チョコレートもそうだ(俺だけか)。 辛うじて娘からギリギリのタイミングで送ってきてたので、やむなく GODIVA に向かった。小っちゃくて可愛い「マカロン&ショコラ(8個入)」を見つ…

ポピー

路傍の花シリーズ「ポピー」。 外は雨。 春に一面に咲き広がるポピーが浮かんだ。そういう時もありました? この広い野原いっぱい 咲く花をひとつ残らず あなたにあげる赤いリボンの 花束にして ~♩🎵 流れでこの歌に行き着いた。 www.youtube.com

桜月

今日から3月、桜月(さくらつき)だ 実のところはほんとにネタ切れで、やむ無くAI画像生成で乗り切ろうと考えたのだが、こんな画像をいきなり貼ったら、いよいよアイツもおかしくなったと大顰蹙なので何気なくさらっと貼っておこう。 今日のところは、陳腐だ…

河津桜

今朝は寒い。三寒四温は冬の季語だが、もう暫くはこういう日々なのかもしれない。 先日「九州一早い春の訪れ 五千本の河津桜」がキャッチフレーズの、大分県津久見市四浦半島にも立ち寄った。 心躍らせて駐車場に着くと、緑の葉桜の中にかろうじて花が残って…

オタフクナンテン

路傍の葉シリーズ「オタフクナンテン」。 オタフクは「お多福」で葉の丸みからきているというし、ナンテンの由来は「難を転じて福となす」で縁起が良い。 色が乏しい季節に、冬の紅葉は絵画のように美しい。もうすぐカラフルな花があちこちに咲き乱れる季節…

花粉症

ネットウインドウショッピング「花粉対策マスク」。 個人的には、歳を取って知らず知らずのうちに鼻垂れ爺になっていることはあるが、生まれてこのかた花粉症とは無縁だ(と思っている)。 この商品、花粉が目に入るのは防げても、物が目に入らなくなるので…

バレンタイン

義理の100乗のようなチョコを1個だけもらった。カミさんからも娘からも梨の礫だ 😡来年は確実に ZERO だ 😫もう駄目だ、絶望だ 😣「自分チョコ」と「逆チョコ」のトレンドに一縷の望みを繋ぐしかない。

葉牡丹

よそんちの花シリーズ。 「葉牡丹の 寒に凜 重に鮮」 腐阿魔多難禍 花の少ないこの季節、公園の閑散とした花壇に独り存在感を示している。花では無く葉っぱだとか、薹が立つとか、苦くて食べられないとか、全て人間の勝手な言い草である。そしてここには当然…

梅見月

旬の金柑(きんかん)出荷のニュース。よそんちの庭にもそれらしき実が成っていた。そういえば昔住んでいた家の庭にも、金柑をはじめ無花果なんかが季節折々にたわわに実っていた。行きつけのスーパーでも見かけたので、母に買ってみた。懐かしがり喜んでは…

積雪

ローカル積雪情報。 筑後地方、午前5時現在、気温-1℃、積雪7cm程度です。 雪にちなみ、ぼんやりと雪や冬がらみの歌を思い出している。皆さんの思い入れのあるウィンターソングは何? 冒頭に冬が出てくるだけだけど、歌詞もメロディーも好きな1曲。 君と出会…

恋木神社

筑後再発見シリーズ「恋木神社」。 もうすぐバレンタインデーだ。 行った事ないけど、福岡県筑後市の水田天満宮内に恋木神社(こいのきじんじゃ)という末社があって、若い女性には大層な人気だとか。その神社が鳥栖のショッピングセンター内に出張?してき…

オオキバナカタバミ

路傍の花シリーズ「大黄花片喰(おおきばなかたばみ)」。 大きなリュックを背負って三日にあげず WASH HOUSE に自転車を走らせる。まだ1月、時折風は激しく孤独に吹くが、モノトーンの季節にあって一際鮮やかなイエローにちょっぴり春の予感。 Four strong …

三社参り

「三社参り」(ひがみやっかみVer.)。 「小頭町地蔵尊」「小頭神社」「日吉神社」。 母の車椅子を押しての地味で質素で心躍らない地元の三社参り。最初の二社とアーケード街はほぼ人影は無かったけど、地元で有名な日吉神社は流石に長蛇の列で若い人も多い…

初春月

あけましておめでとうござんす。本年もほんの気持ちだけでもお付き合いの程よろしくお頼み申す。 正月から何の目新しい話題もないので、Microsoft が提供している Bing Image Creator に「龍」のイラスト生成を頼んでみた。今一つ気にいらないが、今年も他人…